メニュー 閉じる
関都建設のロゴマークに込められた想い
ロゴマークのデザインコンセプトは弊社の社是になっている『和と誠実を旨とする』を表現したものであり、社名である「関都建設」の「関都」をカタカナ表記した『カント』からデザイン形成されています。また、円を描いているデザインは、現場の安全や生産性向上のため、元請会社・弊社・協力会社(関友会)が一体となる、まさに輪(和)になって、強固なチームワークを形成して仕事に邁進していく意味が込められています。
小関文七が小関組(鳶・土工事)を自営
(株)竹中工務店の協力会社となる
東京竹和会加入
関都建設株式会社設立
代表 小関 文七
小関 文七、会長就任
小関 章、社長就任
資本金1,000万円に増資
資本金3,000万円に増資
小関 章前社長、勲五等瑞宝章受賞
小関 幸子、社長就任
資本金4,000万円に増資
小関 幸子、会長就任
木村 三郎、社長就任
TQC活動再導入
斎藤 徳之助工事長、勲六等瑞宝章受賞
新社屋竣工
西 与三郎工事長、勲六等瑞宝章を受賞
関都建設(株)南行徳寮竣工
小関 文雄、代表取締役社長就任
小関 文雄、(株)竹中工務店安全衛生協会会長就任(〜平成23年2月)、京王建設(株)災害防止協会会長就任(〜平成23年3月)
小関文雄、東急建設(株)災害防止協力会副会長就任
小関文雄、東急建設㈱災害防止協力会会長 就任
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider